馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 阪神 小倉

【注目馬動向】凱旋門賞狙う日本ダービー馬ドウデュース、米G1も視野 松島オーナー明かす

凱旋門賞に続き、米ブリーダーズCへの参戦も視野に入れるドウデュース
凱旋門賞に続き、米ブリーダーズCへの参戦も視野に入れるドウデュース

 今年の日本ダービーを制して、凱旋門賞・仏G1(10月2日、パリロンシャン競馬場・芝2400メートル)への出走を目指しているドウデュース(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎、父ハーツクライ)が、夢の海外転戦を検討していることが11日、分かった。松島正昭オーナーはセレクトセールに参加したこの日、「まずは凱旋門賞に全力投球だが、ブリーダーズCに行くプランもあります」と明かした。

 昨年はラヴズオンリーユーが芝の女王決定戦であるフィリー&メアターフ(芝2200メートル)、マルシュロレーヌがディスタフ(ダート1800メートル)を制して、日本調教馬として史上初のブリーダーズC制覇の快挙を成し遂げた。ドウデュースは凱旋門賞の結果とレース後の状態を見たうえだが、ターフ(11月5日、キーンランド競馬場・芝2400メートル)への参戦が有力になってきそうだ。

 凱旋門賞に向かうプランは直行も含めて検討されてきたが、同オーナーは「(前哨戦を)使うなら国内はなく、ニエル賞(9月11日、パリロンシャン競馬場・芝2400メートル)。そこは先生(友道調教師)と(武)豊さんにお任せしていきたい」と説明した。現在は滋賀・ノーザンファームしがらきに放牧に出されており、今月末か来月上旬をめどに栗東に帰厩する予定だ。

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×