【注目馬動向】ディープボンドが2年連続で凱旋門賞に挑戦 今年は前哨戦を使わず直行

スポーツ報知
ディープボンド

 ノースヒルズの前田幸治代表は11日、ディープボンド(牡5歳、栗東・大久保龍志厩舎、父キズナ)が2年連続で凱旋門賞(10月2日、パリロンシャン競馬場・芝2400メートル)に挑戦すると表明した。この日、北海道苫小牧市のセレクトセールを訪れ、明らかにした。前哨戦を挟んだ昨年と違い今年は直行する予定で、近日中にも鞍上が発表される見込み。

 ディープボンドは昨年、フォア賞を制して本番に挑んだが、重馬場にも泣かされ14着に終わった。直行にした理由について前田代表は「疲れるからね。キズナも前哨戦(ニエル賞)を勝ってダメ(凱旋門賞4着)だったからね」と説明した。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×