男子3000M障害の三浦龍司 初の世陸へ出発「東京五輪の再現ができれば最高」…15日開幕

初の世界陸上出場へ、出発前の成田空港で取材に応じた三浦龍司
初の世界陸上出場へ、出発前の成田空港で取材に応じた三浦龍司

 15日に開幕するオレゴン世界陸上(米国)に出場する日本代表選手らが10日、大会へ向けて成田空港を出発した。男子3000メートル障害の三浦龍司(順大)は初の世界陸上へ「まず決勝に残ることは必須ですし、東京五輪の再現ができれば最高かなと思います。自己記録更新を目指していきたいです」と目標を定めた。

 三浦は今月1日、ダイヤモンドリーグの3000メートルに出場。自身初となる大舞台で7分47秒98の自己新、日本歴代4位の記録をたたき出し、10位でフィニッシュした。それでも「改めて世界との壁を感じさせられました。正直喜べる手応えはあまりなかった。逆に課題や伸び代は見つかったと思います」と冷静だ。

 自身の成長に、とにかく貪欲な三浦は「全ては自分が最終的に目指していく目標につながっていくと思うので、全部が糧だと思っています。課題、収穫したものをポジティブに捉えていきたい」。初出場の世陸も、さらなる飛躍のステップにする。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×