【京都】京都外大西プロ注目・西村瑠伊斗 開幕戦で高校通算51号「しっかり捉えられた」

4回先頭、高校通算51号となる右越えソロを放つ京都外大西の西村瑠伊斗
4回先頭、高校通算51号となる右越えソロを放つ京都外大西の西村瑠伊斗

◆第104回全国高校野球選手権京都大会 ▽1回戦 京都外大西10―0洛北=7回コールド=(9日・わかさスタジアム京都)

 京都大会が9日開幕し、今秋ドラフト候補に挙がる京都外大西の二刀流・西村瑠伊斗(るいと、3年)が洛北との開幕戦で高校通算51号ソロを放つなど2安打2打点の活躍。チームをコールド発進に導いた。

 「1番・右翼」で先発した左の強打者をプロ9球団が視察した。4―0の4回無死、西村は3ボール1ストライクから右腕の直球を捉えた。「外野を越えればホームランになる。しっかり捉えられた」。相手は三塁手を外野に配置する“西村シフト”を敷いてきたが、お構いなしに強烈なライナーを右翼席に運んだ。中日・山本スカウトは「これまで4試合を視察して4本塁打。無駄な動きがなく、コンパクトに振れていてパンチ力もある」と絶賛した。

 1年夏から主力だが、甲子園出場はなし。昨年は決勝で京都国際に4―6で惜敗し「甲子園に行って、本塁打数も60に伸ばしたい」と今夏に懸ける思いは強い。この日朝、上羽功晃監督(52)が自転車に乗っている際に「緑色のヘビを見かけた。開会式の日に今年初めて。『これは吉兆やな』と選手にも話した」と12年ぶりの聖地を目指すチームに“幸運”の予感も。今春王者・西城陽との次戦に向けて西村は「やることは変わらない。泥臭く粘って、接戦で勝ちたい」と力を込めた。(南 樹広)

 ◆西村 瑠伊斗(にしむら・るいと)2004年7月1日、京都市南区生まれ。18歳。上鳥羽小2年から七条ファミリーズで野球を始め、市立洛南中では京都ポニーでプレー。京都外大西では1年夏からベンチ入り。投手としては最速147キロ、変化球の球種はカーブ、スライダー、スプリット。178センチ、75キロ。右投左打。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×