【岩手】盛岡四が専大北上に4―2で競り勝つ

スポーツ報知
7回、勝ち越しのホームを踏んだ盛岡四の蔵谷(右)、カメラ(高橋 宏磁)

◆第104回全国高校野球選手権岩手大会▽1回戦 盛岡四4―2専大北上(9日・岩手県営)

 盛岡四が専大北上に4―2で競り勝った。専大北上は初回に1点を先制。だが盛岡四は直後の攻撃ですぐに同点に追いつくと、2点にも1点を奪って1点をリードした。

 専大北上は5回に追いつくも、盛岡四は2―2の同点で迎えた7回、スクイズなどで2点を奪取。そのまま逃げ切って4―2で勝利した。7回無死二、三塁でスクイズを決めた盛岡四の工藤颯太投手(3年)は「うれしいです。勢いに乗って1戦1戦、勝ち上がっていきたい」と意気込んでいた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×