モーベルグ、浦和のJ1通算1500ゴール目弾「歴史に名を刻めて誇りに思う」「2000点目も…」

モーベルグ
モーベルグ

◆明治安田生命J1リーグ▽第20節 浦和2―2京都(6日・埼玉)

 浦和のスウェーデン人MFモーベルグが2ゴールを決め、J1史上4クラブ目のチーム通算1500点目をマークした。

 前半11分にPKを左足で冷静に決めて先制したが、同39分のPKは相手GKに阻止されて失敗した。後半9分、10分とわずか約70秒間で連続失点して逆転されたが、同14分にまたぎフェイントから豪快な左足シュートをゴール左上へ突き刺し、同点に追いついた。

 PKを失敗したミスを帳消しにする意地の一発。「どの選手でもミスはつきもの。どれだけ早く忘れて次に行けるかがポイント。試合中は外したシーンを振り返らすにプレーできたけど、終わった今はかなりイライラしてる」と本音を明かした。

 同点ゴールは、鹿島、G大阪、横浜Mに続く、J1史上4クラブ目の1500点目弾となった。背番号10は試合後、節目のゴールについて「知らなかった」と明かし、「選手にとってクラブの歴史に少しでも名を刻むことができて誇りに思う。2000点目が決まる時もこのチームにいたい」とニヤリと笑った。

 5月はベンチ外が続いたが、直近3試合は3ゴールと復調。リーグ戦9試合ぶりの先発となったこの日はハットトリックを逃したが、「次の試合では必ず決めたい」とさらなる爆発を誓った。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×