泉谷しげる、持続可能なロックフェスを! 日本初SDGsとコラボフェスを北九州で9月開催

スポーツ報知
新たなロックフェス開催を発表した泉谷しげる

 シンガー・ソングライターで俳優の泉谷しげる(74)が、自ら発起人となって持続可能な新しいロック・フェス「北九州ロックフェスティバル2022 with SDGs spirits」を9月24日に福岡・北九州市のミクニワールドスタジアム北九州で開催することになった。森高千里やDISH//、ももいろクローバーZらが参加する。6日、同市内での会見に出席した泉谷は「新しいスタイルのロックフェスを、今だからこそ俺たちで考え、実践する時が来た」とした上で「環境先進都市であり、SDGs推進都市である北九州市にその土壌がある」と気合を入れた。

 「エコ&クリーン、そしてSDGs スピリッツの共有をテーマに、持続可能なロックフェスってやつを、俺たちで作り上げようじゃないか。今年を、その最初の年にしたい!」

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、エンターテインメント業界は大きな打撃を受けた。その中で泉谷もライフワークとして続けてきたライブ活動を諦めなければならない日々が続いてきた。

 昨年10月には、自ら発起人となり2015年から開催してきた「阿蘇ロックフェスティバル」を、「新阿蘇大橋開通記念」として熊本県野外劇場アスペクタで開催することができた。だが「まだコロナ禍は終っていない。変えるべきはフェスじゃねぇーのか」と泉谷は今の心境を吐露した。

 その「阿蘇ロックフェスティバル」も、当初は阿蘇山中岳で起きた大規模噴火で、阿蘇を訪れる観光客が減少し、さらに風評被害によって観光客が戻ってこない状況を憂慮した泉谷が「エンターテインメントで地域活性」を合言葉に熊本・南阿蘇村で開催してきたものだった。しかし、その翌年に同県で大地震が発生したことを受け、その後は熊本地震被災地を支援するフェスとして盛り上げてきた経緯があった。

 「阿蘇ロックフェスティバル」は5回続けたことから昨秋の開催で発起人を「勇退」した泉谷だったが、それからわずか半年、今度は北九州市で雄叫びを上げた。

 北橋健治北九州市長と共に記者会見に出席した泉谷は、阿蘇でのロックフェスを振り返りながら「コロナのせいで発起人を勇退するっていうのもシャクだから、今度は若いアーティスト、次の世代のアーティストと一緒にロックフェスの新しいフォーマットを作り上げようと思った」とし「サステナブルなロック・フェスを目指す」と意欲を見せる。

 その上で発起人になることについては「感染者が増え続けている。今後も終わらないだろうコロナ禍で、俺たちには大きな方向転換が求められているんじゃないか」と提言。新たな開催地として北九州市の小倉を選んだと言う。

 泉谷の提言に対して、北橋市長は「北九州市は『SDGs未来都市』として、特に昨年からは『北九州SDGsマンス』と位置付け、乗降者数が九州2位となっている小倉駅を中心に『HELLO! SDGs FUTURE CITY』として、北九州を訪れた人たちを歓迎するなどPR活動を展開している。そういった中で、今回は泉谷しげるという力強い味方を得た思い。北九州市だからこそのイベントが実現できる」とした。

 北橋市長の期待に「環境先進都市、SDGs推進都市を掲げる北九州市を舞台に、真の意味での持続可能なロックフェスを実現したい」と泉谷は奮起。「目指すは日本初のロックとSDGsのコラボ・フェス!」と威勢がいい。

 「持続可能なロックフェス」として、コンサート当日の使用する電力は太陽光パネルを設置するなど、再生可能なエネルギーで賄うことを提案。また、イベントの開催によって排出されるゴミの抑制、分別、リサイクルを徹底することや日本一きれいなトイレを設置し、来場者の満足度を高めることなども考えているという。

 泉谷は、これまでも1991年の長崎・普賢岳の大噴火や93年の北海道南西沖地震の大津波をはじめ、95年の阪神・淡路大震災、さらには東日本大震災など災害が起こるたびに被災地への支援を積極的に行い「日本を救え!」と叫び続けてきた。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×