浦和声出し応援、ルール順守を日々呼びかけも統制できず

スポーツ報知
5月21日の鹿島戦で応援する、埼玉スタジアムの浦和サポーター

 Jリーグの野々村芳和チェアマン(50)が、サポーターが新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン違反を繰り返した浦和の運営責任を問い、上限2000万円の罰金を裁定委員会に諮ることを決めた。5日の臨時実行委員会後のオンライン会見で明かした。今後、同様の事例が発生した場合は「無観客試合」「勝ち点はく奪」と罰則を重くしていく可能性があることをクラブに伝えたという。

 * * *

 2日のG大阪戦。終盤の同点ゴール後、何の躊躇(ちゅうちょ)もなく「アレ~アレ~」と大合唱された浦和サポーター応援歌に耳を疑った。選手バスを大声で鼓舞、敗戦時には大ブーイング。Jリーグの声出し応援の段階的緩和に向けた動きに水を差す違反行為が続く。本来チームを後押しする「声」が、逆風を吹かせている。

 ゴール裏サポーターのグループは10団体以上。クラブ担当者は違反を繰り返すサポーター側にルール順守を日々呼びかけているが、全体を統制できていないのが現状だ。様々な思想やスタンスを持つ応援団が多数あり、注意喚起を伝えきれないことが一因と言える。

 浦和はこの日、違反行為には即時退場を含む厳しい対応を取ると声明を出した。罰金や無観客試合、勝ち点はく奪に加え、繰り返しや重大な違反となれば下位リーグへ降格、除名などクラブの存続に関わる制裁もある。年間シート購入者はJ最多の2万人超え。クラブはアジア屈指の熱狂的応援を誇るファンを尊重しながら、強い姿勢で違反行為を是正する責任や覚悟が問われる。(浦和担当・星野 浩司)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×