Jリーグ、観客の「声出し応援」で浦和に罰金上限2000万円諮問へ…無観客試合や勝ち点剥奪も

スポーツ報知
浦和サポーター

 Jリーグの野々村芳和チェアマンは5日、臨時実行委員会後にオンラインで会見を行い、2日のG大阪―浦和戦(パナスタ)などで新型コロナウイルス対策として禁止されている「声出し応援」をサポーターが繰り返したJ1浦和の運営責任を問い、上限2000万円の罰金を科すことを裁定委員会に諮問することを明かした。今後、同様の事象が起こった場合は、無観客試合や勝ち点剥奪も含めて同委員会に諮問した上で罰則を科す考えを示した。

 野々村チェアマンは、5月21日の浦和―鹿島戦(埼玉)でも同様の事案が確認されたと説明。「今回の事案に関して、51条の運営責任を問うところがある。上限2000万の科すこと。同じようなことが起こった場合、無観客試合、勝ち点を剥奪することも第三者委員会に諮問した上で、ペナルティーを科しますよとお伝えさせていただいた」とし、「こういった対応を取らないと、リーグ、ほかのサポーターに対しても示しがつかない。こういう対応になるのはしかたない」と話した。

 浦和―G大阪戦、Jリーグによる声出し応援の緩和に向けた実証実験の対象外。浦和サポーターがブーイングを繰り返し、得点後にはチャント(応援歌)を合唱するなどルール違反が目立った。野々村チェアマンは4日に「残念としか言いようがない」と苦言を呈していた。

 浦和はこの日、公式サイトで声明を発表。サポーターによる「声出し応援」を認め、「Jリーグに関わるすべての皆さまのこれまでの努力と気持ちを裏切る行為であると認識しております。心よりお詫び申し上げます」などと謝罪した。

 今後は「事前周知」と「試合当日」の再発防止策を徹底。試合当日については「違反行為への適時適切且つ毅然とした対応(即時退場を含む)」と記された。「今後はより一層の、当該ガイドライン遵守の啓発、並びに違反行為への適時適切且つ毅然とした対応を、責任をもって行ってまいります」と、厳しく対応する姿勢を示した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×