【注目馬動向】巴賞2着ワールドリバイバルは函館記念で重賞制覇を目指す

スポーツ報知
ワールドリバイバル

 先週の巴賞(函館)は鼻差2着だったワールドリバイバル(牡4歳、栗東・牧田和弥厩舎、父エピファネイア)は、函館記念・G3(7月17日、函館・芝2000メートル)に向かう。

 また、このレースで3着だったサトノクロニクル(牡8歳、栗東・池江泰寿厩舎、父ハーツクライ)、10着のアイスバブル(牡7歳、父ディープインパクト)の池江厩舎2頭も函館記念に駒を進める。

 ワールドリバイバルについて牧田調教師は「勝ったと思ったけどねえ。賞金面でどうかだが、入るのであれば函館記念に向かいます」と話した。

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×