【広島】九里亜蓮5回1失点の好投でも…中継ぎ陣が踏ん張れない 3点差守れず痛恨逆転負け2位浮上ならず

スポーツ報知
4回1死一、三塁、中村健人の左犠飛で三塁走者・坂倉将吾(右)が生還。迎える佐々岡真司監督(カメラ・相川 和寛)

◆JERAセ・リーグ 広島5―7巨人(3日・マツダスタジアム)

 広島の連勝が止まった。

 0―0の4回に坂倉、小園の適時打と中村健の犠飛でこの回一挙3得点と試合をリードする。九里は5回に大城にソロを被弾。その後も2四球を与えたが味方の好守備もありピンチを切り抜けた。

 首脳陣は6回から中継ぎ勝負に。2番手・ケムナが坂本にソロを被弾すると、無死一、三塁のピンチから大城の併殺打の間で三塁走者が生還し同点に追いつかれた。

 7回に矢崎が再び坂本に2ランを被弾し一時勝ち越しを許す。だが、7回裏に2死一、二塁でマクブルームが執念の2点二塁打を放ち同点に追いついた。

 8回に森浦が吉川に勝ち越しタイムリーを許し、9回にはターリーが丸にソロを浴びた。

 計5投手で4本塁打を浴び敗戦。連勝は2で止まり、2位浮上は持ち越しとなった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×