【広島】先発・九里亜蓮は5回で交代 2番手・ケムナは坂本にソロ被弾し1点差

力投する九里亜蓮
力投する九里亜蓮

◆JERAセ・リーグ 広島―巨人(3日・マツダスタジアム)

 広島の九里亜蓮投手が5回で降板した。

 今季5度目の巨人戦先発。4回まで2安打無失点に抑える快投を披露した。

 3点リードの5回に先頭の大城にソロを被弾。1死から吉川に右前打を許したが、一塁走者の吉川を盗塁死で2死。だが、ウォーカー、丸に連続四球を与え、岡本和の中前打になりそうな打球を中堅・上本がダイビングキャッチで3アウト。ピンチをしのいだ。

 2点リードで迎えた6回、佐々岡監督が動き、ケムナに投手交代。九里は5回76球4安打4四死球1失点、6奪三振だった。

 だが、2番手のケムナは先頭の坂本に左中間へのソロを被弾。1点差に迫られた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×