【広島】4回に一挙3得点 3回まで堀田の前に無安打の打線が目覚める

スポーツ報知
4回1死一、二塁、中前適時打を放つ坂倉将吾(投手・堀田賢慎、捕手・大城卓三)

◆JERAセ・リーグ 広島―巨人(3日・マツダスタジアム)

 広島が先制し、リードした展開に持ち込んだ。

 打線は3回まで相手先発・堀田に無安打に抑えられていた。

 だが、0―0の4回1死から菊地涼、マクブルームがつなぎ一、二塁。坂倉の適時打で先制に成功した。なお、一、二塁のところで相手投手が戸根に交代したが、小園も適時打でつないだ。一、三塁で中村健の犠飛で追加点とし、この回3得点を奪った。

 広島は巨人に2連勝中。きょう勝てば、2位浮上となる。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×