野村昭子さん、95歳で死去 「家政婦は見た!」「渡る世間は鬼ばかり」など名脇役 自宅で倒れ親族が発見

スポーツ報知
野村昭子さん

 TBS系ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」などで名脇役として活躍した女優の野村昭子(のむら・あきこ、本名・増見昭子=ますみ・あきこ)さんが死去したことが2日、分かった。95歳だった。1日に都内の自宅で倒れているのを親族が発見し、死亡が確認された。

 東京都生まれの野村さんは、薬剤師として病院に勤務していたが、演劇に魅了され、1949年に俳優座養成所の1期生に。黒澤明監督の映画「赤ひげ」(65年)やNHK連続テレビ小説「おはなはん」(66年)の細倉とく役で鮮烈な印象を残した。

 テレビ朝日系「家政婦は見た!」シリーズでは、市原悦子さんが演じた主人公の家政婦が所属する家政婦紹介所の所長役でおなじみに。俳優座の後輩だった市原さんとは家が近く、プライベートでも仲が良かった。市原さんが19年に亡くなった際には、「時代を作った人。あの人の芝居を尊敬していたし、天才だと思っていた」と賛辞とともにしのんでいた。

 「渡る世間―」では小料理店「おかくら」を手伝う青山タキ役を好演。庶民的な演技と存在感でお茶の間に親しまれ、2011年に放送文化に貢献した人に贈られる橋田賞の特別賞を受賞した。

 プライベートでは56年に俳優座の演出家・増見利清さんと結婚したが、2001年に死別。18年には愛犬も天国へ旅だったが、19年にはテレビ朝日系「徹子の部屋」に出演し、元気な姿を見せていた。

 最近は都内の自宅に独り暮らししていた。近隣住民によると、1週間ほど前、野村さんが買い物に行くために普段と変わらない様子で歩いていたのが目撃されていた。住民の1人は「ここ数日見かけなかった。1日の夜に自宅に救急車が止まっていて心配していた」と話した。

 ◆野村 昭子(のむら・あきこ)本名・増見昭子。1927年1月2日、東京都生まれ。東京薬学専門学校(現・東京薬科大)などを経て49年に劇団俳優座養成所に1期生として入所。舞台で活躍する一方、映画「赤ひげ」やNHK連続テレビ小説「おはなはん」で注目を集める。56年、俳優座の演出家・増見利清さんと結婚。11年、橋田賞特別賞を受賞。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×