【巨人】松原聖弥、1軍再昇格へ適時二塁打などマルチ「打席の内容も良くなってきている」

スポーツ報知
6回無死、中前安打を放つ松原聖弥(カメラ・中島 傑)

◆イースタン・リーグ 西武5―2巨人(2日・カーミニーク)

 巨人の松原聖弥外野手(27)が2日、イースタン・リーグの西武戦(カーミニーク)に「3番・右翼」でスタメン出場し、適時二塁打を放つなどマルチ安打をマークした。

 1点ビハインドの3回2死三塁。ヘレラのスライダーを捉え、中堅フェンス直撃の一時同点となる適時二塁打を放った。「先制点を取られた次の回で同点になったことは非常に良かった」と手応えを口にした。

 1軍では37試合に出場し打率1割3分7厘で、6月9日から2軍で再調整中。「少しずつですが、打席の内容も良くなってきているので、引き続き頑張ります」と1軍再昇格へ闘志をたぎらせた。

 6回先頭で迎えた第3打席には中前安打を放ち、マルチ安打をマーク。ファームで必死に鍛錬を積んで、成長した姿で1軍の舞台に戻るつもりだ。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請