【巨人】原監督に聞く 7回0封のエース菅野は「よかったと思う」

スポーツ報知
ベンチから戦況を見つめる原辰徳監督(カメラ・相川 和寛)

◆JERAセ・リーグ 広島2―0巨人(2日・マツダスタジアム)

 巨人が広島に今季2度目のサヨナラ負けで、最大11あった貯金がついにゼロになった。エース菅野が7回無失点と気迫の投球を見せるが、打線は12三振で無得点。9回に3番手・平内がマクブルームにサヨナラ2ランを浴び、3連敗となった。首位ヤクルトが勝って優勝マジック「53」が点灯し、ゲーム差は08年の大逆転V「メークレジェンド」の13を超える13・5差。3位・広島にも0・5ゲーム差に迫られたが、原監督は「ペナントレースはこれから熱くなる」と逆襲を誓った。

 ◆原監督に聞く

 ―相手先発・森下も出来がよかっただけに、先に点を取りたかった。

 「そうだね。1点勝負という中で、先に取られたというところだよ」

 ―打線を組み替え吉川を1番に。三塁打につなぎの四球と機能した。

 「そうだね。よかったと思うよ」

 ―増田陸がベンチスタート。1日の試合中の指のけがも考慮したのか。

 「まあ、でも(中田)翔も非常に好調だしね」

 ―6回1死三塁の場面、ゴロゴーのサインで勝負をかけた。

 「もちろん、もちろん、もちろん。ゴロゴーというか、もうちょっと精度の高いやつだね。当たりはいいんだろうけどね」

 ―先発・菅野は繊細な投球で7回無失点に封じた。

 「よかったと思う」

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請