浦和、4試合ぶり失点! GK西川はJ1新記録の170戦目無失点おあずけ…サポーターはブーイング

浦和・西川周作
浦和・西川周作

◆明治安田生命J1リーグ ▽第19節 G大阪―浦和(2日・パナスタ)

 浦和はアウェーでG大阪と対戦し、リーグ戦4試合ぶりの失点を喫した。

 前半33分、右CKを相手GK東口順昭にキャッチされた流れから高速カウンターを浴びた。MF石毛秀樹の左クロスをペナルティエリア内右でMF齊藤未月が巧みにトラップし、右足で放たれたシュートはGK西川周作の右足をかすめてゴールに吸い込まれた。5月25日のC大阪戦以来、4試合ぶりの失点を許した。

 西川は前節・神戸戦で3試合連続で零封し、J1通算169戦目の無失点試合を飾った。元日本代表GK曽ケ端準氏(鹿島)を超える新記録に王手をかけていたが、この日の達成はおあずけとなった。

 同39分にはMF小野瀬康介の縦パスに抜け出したMF倉田秋にゴールネットを揺らされたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)検証でオフサイドの判定となった。2失点目は免れたが、そのまま0―1で前半を終了。浦和サポーターから大ブーイングが起こった。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×