【ヤクルト】2回表から4回裏まで6連続併殺の珍事 DeNAと両軍3つずつ

スポーツ報知
4回1死一塁、併殺打に倒れる山田哲人(一塁手はソト)(カメラ・小林 泰斗)

◆JERAセ・リーグ ヤクルト―DeNA(2日・神宮)

 2回表のDeNAの攻撃から4回裏のヤクルトの攻撃まで毎回の“6連続併殺”の珍事が起きた。

 2回1死一、二塁からDeNA大和の投直で走者が飛び出して併殺。

 2回無死一塁、ヤクルト浜田が三ゴロ併殺。

 3回1死一塁、DeNA桑原が遊ゴロ併殺。

 3回無死一塁、ヤクルト長岡が一ゴロ併殺。

 4回1死一塁、DeNA牧が遊ゴロ併殺。

 4回1死一塁、ヤクルト山田が二ゴロ併殺。

 ヤクルト・サイスニード、DeNA・浜口の両先発が走者を出しながら低めを丁寧に攻めて併殺網にかけた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×