【楽天】田中将大が登録抹消 「間を空けようと思っていた」と石井一久監督

スポーツ報知
田中将大

 楽天の田中将大投手が2日、出場選手登録を抹消された。

 田中将は1日のロッテ戦(ZOZO)に先発して6回途中2失点。5月10日以来の勝利投手の権利を得ての降板だったが、救援陣がリードを守れず、日米通じて自己ワーストの6連敗から脱出することはできなかった。

 1日の試合では5回の守備で右腕に打球を当てており、その影響も心配されたが、石井一久監督は抹消理由について「あまりそこ(打球直撃)は関係なくて、これが終わったら間隔を空けようと思っていた」と、事前の構想通りにリフレッシュ期間を与えたと説明。「(ローテを)1回飛ばすだけ」と、短期間で復帰させる方針を示した。

 また、1日の試合でともに失点した中継ぎの安楽智大投手と宋家豪投手も登録抹消。石井監督は「1回(間隔を)空けようかと。2人とも大事な戦力なので、うまく(状態を)整えてもらいたい」と復調を期待。代わって森原康平投手と福山博之投手が中継ぎ要員として登録された。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×