【中日】根尾昂、投手6試合目、リード時初登板でプロ初ホールド「次も抑えます」

スポーツ報知
5回2死一、二塁から登板、近本光司を三ゴロに打ち取り吠える中日5番手の根尾昂(カメラ・渡辺 了文)

◆JERAセ・リーグ 中日3―1阪神(1日・バンデリンドーム)

 一打逆転のピンチをしのいだ根尾は笑顔で、真っ赤なグラブの中で何度も手をたたき、好守の高橋周を出迎えた。今季6試合目で初めてリードした場面で登板。冷静沈着だった。5回2死一、二塁で、近本を151キロで詰まらせて三ゴロに打ち取り、右拳を握りしめた。プロ初ホールドをマーク。右腕は「いつもと変わらず、とにかく抑えようと思ってマウンドに上がった。次も抑えます」と謙虚に喜んだ。

 ここまで巨人・岡本和やヤクルト・塩見ら強打者を抑え込んで、少しずつ自信をつけてきた。ビハインド限定起用を続けてきた立浪監督も「思い切って力勝負してこいと。打たれることは覚悟で」とこの日の局面で抜てきした心境を説明。「相手は近本選手ですから。四球で逃げるよりも打たれて1点でも構わない気持ちでこっちも出した。あの場面でストライクが入らない状況でもなかった。そのへんはさすが」。簡単に褒めない指揮官が、背番号7の成長を称賛した。

 この日は予期せぬ事態を総力戦で乗り切った。試合直前に先発予定の大野雄が「背中の張り」で登板を緊急回避。エースのアクシデントに中継ぎの藤嶋を先発マウンドに送った。ベンチに入った10投手のうち大野雄、森を除く8投手を惜しみなく投入。最後は怪力のA・マルティネスが一振りで試合を決めた。エースのピンチをチーム一丸となって乗り越えた立浪竜。この1勝は浮上のきっかけになる。(長尾 隆広)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×