手長エビ完全攻略 手応えピンピン真っ盛り

スポーツ報知
長い手(脚)を持つ手長エビ。成熟したオスの証拠だ

 初夏は手長エビ釣りの最盛期だ。関東近郊の川では、さまざまな場所で手長エビが釣れる。上げた時に伝わってくるピンピンと跳ねる手応えは、この釣りならではのもので楽しい。小物釣り用の小継ぎ竿、市販の仕掛け、餌などはいずれも手頃な価格でそろえられるので、初心者でも気軽に楽しめる。釣った後は、きちんと処理をすれば食べても抜群のおいしさだ。

◆簡単!お手軽!

 手長エビは都会を流れる多摩川や江戸川、荒川などにいる。オスはその名のとおり、手が長く全長は20センチ以上になることも。湖沼や河川の淡水域から河川下流の汽水域まで生息域は広範囲だ。初夏から秋口にかけて繁殖期を迎え、岸沿いの浅場で盛んに釣れるようになる。

 手長エビは日中は障害物の陰に身を潜め、餌があると取りに出てくる。ゴロタ場(水底に大きめの石が集まったエリア)の周りのほか、消波ブロック帯や岸辺の棒クイ、崩れ護岸、アシなど草木の根元周辺が狙い目だ。姿を隠す障害物さえあれば、水深20~30センチの浅場にもいる。ただ、ゴロタ石や消波ブロックは泥やコケなどで汚れており、非常に滑りやすい。足元に注意しよう。また、障害物近くを狙うとあって根掛かりもしやすい。仕掛けは多めに用意したい。

 釣り方は簡単だ。仕掛けを障害物の近くに入れるだけ。ここで大切なのは、餌が底に着いている状態を保つこと。餌が浮いていると水の流れで仕掛けが流されてしまう。また、ウキの浮力を下げることも重要。オモリを付けてウキの頭が水面より少し潜るくらいにしておけば、エビが違和感なく餌を食うようになる。仕掛けを入れたら、置き竿にしてアタリを待つ。

 ウキがピクピク動いたり、スーッと引き込まれたら、エビが餌をハサミでつかんだ証拠だ。ここからが肝心。ウキが動いてからすぐに合わせると、かなりの確率でハリに掛からない。この時点ではエビの口に餌が入っていない。ハサミで餌をつかんだエビは、障害物の陰に戻ってから餌を食べる。水中に引き込まれたウキの動きが止まったら、少し仕掛けを上げてみるといい。ここでピンピンと跳ねるような手応えが伝わってきたら、ハリ掛かりしている証拠。ゆっくりと竿を立てて取り込もう。

 手長エビ釣りでは、1か所で粘らず、広く釣り歩くことが数を伸ばすコツ。手軽に釣れる手長エビ釣りは、今が最盛期だ。

◆多摩川で釣ってみた。焦らず合わせて

 東京と神奈川の境を流れる多摩川で釣ってみた。下流部の大師橋からガス橋辺りまでどこでも釣れるが、特に大師橋周辺や多摩川大橋上下流は、消波ブロックあり、ゴロタ石ありと手長エビが好むポイントが続く。

 今回は、多摩川大橋下の神奈川側に入った。消波ブロック帯の周りに仕掛けを入れてアタリを待つ。2分ほどしてウキが不自然な動きをした。しかし、ここでは合わせず、しばしの辛抱。ウキの動きが止まってからゆっくりと竿を上げると7センチほどの手長エビが掛かっていた。

 取材日(6月24日)の干潮は午前7時48分。同9時を過ぎて水位が上がってくると、エビの活性も上がった。横浜市から来た高木充彦さん(49)が立て続けに上げた。「エビがいる場所といない場所がはっきりしている。大型は釣れないから、ちょっと場荒れしているのかも」と苦笑した。

 東京近郊ではこのほか、荒川や江戸川に好ポイントが並ぶ。荒川では平井大橋上下流の右岸側が狙い。JR総武線の鉄橋の下はゴロタ石が点在して、絶好の釣り場になっている。下流には、人気釣り場の新左近川親水公園がある。江戸川では千葉県側の里見公園から市川橋にかけては、消波ブロック帯が続き、どこでも竿を出すことができる。ここから下流の篠崎までは東京側、千葉側ともゴロタ石場が点在している。

◆泥抜きしておいしく食べよう

 釣った手長エビをおいしく食べるためにも釣り場では泥抜きをやっておきたい。事前に用意するものはクーラーボックス。氷は入れず、底から5センチほどの位置まで水道水を注ぐ。ここに釣ったエビを入れ、そのまま数時間おくと水が汚れる。泥を吐いた証拠だ。

 料理する前はボウルにエビを入れ、日本酒か紹興酒をエビが浸るぐらい注ぎ、ラップで覆う。酔っておとなしくなったところで塩とかたくり粉をまぶして軽くもみ、ぬめりと汚れを取る。後は180度ぐらいの油で素揚げすれば、から揚げの完成。揚げたてに軽く塩とレモン汁をふれば、ビールに合う最高のおつまみになる。

◆餌はカニカマや乾燥ホタテでも

 ◇手長エビ釣りのタックル

 ▽竿…1・5~2・1メートルの小継ぎ竿▽仕掛け…道糸0・8~1号に自動ハリス止め小~小小をつけ、ハリスは0・3~0・4号5センチ。ハリはエビ2~3号。自動ハリス止めの上にガン玉オモリB~3Bをつける。ウキは3~4号の玉ウキ1個かシモリウキ3~4個。仕掛けの長さは竿の長さより10センチほど長くすると扱いやすい▽餌…赤虫かサシ、ミミズ。カニカマや乾燥ホタテでもいい

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×