大橋未歩アナ、誹謗中傷コメント書き込む人に「言葉で人は殺せるよ。その自覚を持ってほしい」

コメント欄に辛辣な言葉を書き込む人に対し、「言葉で人は殺せるよ。その自覚を持ってほしい」と話した大橋未歩アナ(カメラ・頓所 美代子)
コメント欄に辛辣な言葉を書き込む人に対し、「言葉で人は殺せるよ。その自覚を持ってほしい」と話した大橋未歩アナ(カメラ・頓所 美代子)
生番組でのマツコ・デラックスのツッコミに対し、「信頼関係がありますから」と笑った大橋未歩アナ
生番組でのマツコ・デラックスのツッコミに対し、「信頼関係がありますから」と笑った大橋未歩アナ

 テレビ東京を退社し、フリーアナウンサーになって4年目の大橋未歩アナ(43)の生テレビ番組での発言、SNSでの発信への注目度が今、高まっている。2019年4月にTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・午後5時)のアシスタントMCに就任して以来、プライベートや社会問題もストレートに口にし、時に下ネタにも笑顔で対応する発言の数々が即座にネット記事化され、そのコメント欄には賛否両論、様々な声が集まっている。そんな売れっ子フリーアナが今、自身の生放送での発言を取り上げた「こたつ記事」や自身のアナウンサー人生への率直な思いを明かす。(構成・中村 健吾)

 (前編から続く)

 「5時に夢中!」にアシスタントMCとして出演中の大橋アナ。生放送中の率直な言葉の数々を今、各ネットメデイアは競って記事化しているが、記事に対してのコメント欄には辛辣な言葉が並ぶことも多い。大橋アナ自身は、そうした「悪口」とも取れる言葉の数々について、こう話す。

 「エゴサーチは絶対しますね。ふてぶてしく感じられちゃうかも知れないですけど、まったくダメージを受けないというか。理由は二つあって。(テレビ東京時代に)『サイレントマジョリティーを想像しろ!』と報道の上司に言われたこと。視覚化された意見は強く感じるかも知れないけど、あれがすべてではない。その奥にはネットに書き込みをしない多くの人がいるという想像力があること。もう一つは匿名で書かれた悪意あるコメントを信じて悩むのはナンセンスだと思うってこと。自分の周りの家族や友人であったり、自分を応援してくれる人が目の前にいるのに、その人たちの言葉を信じないで、なんで匿名の悪口を信じるのって。裏を返せば、それは全員に好かれたいと思っているということ。全員に好かれたいと思うことを私は傲慢だと思っているので、一人でも自分を応援してくれる人がいるのであれば、その人の言葉を信じていればいいだけの話。その人の言葉を悪口を言っている人の存在が上回ることはないです」

 きっぱりと言い切った大橋アナ。コメントを書き込む匿名の存在についても、こう思いを馳せる。

 「書いている人たちっていうのは、どこか寂しかったりとか、そこで発散せざるを得ない状況があると思うんです。それで心がちょっと楽になるんだったらどうぞと思いますけど、多分、楽にはならないと思う。人に向けた刃って自分にも返ってきちゃうので。不幸せなんだろうなと思うし、そういう人の気苦労が解消されていない社会っていうのは生きづらいんだろうなとは思います」

 そう想像した上で、こう続けた。

 「でも、そういう人たちに自覚してほしいなと思うのは、言葉で人は殺せるよということ」

 「言葉の刃」は「言葉」を生業(なりわい)とする自分自身にも返ってくる。

 「私もすごく気を付けていて、テレビに出る時はなるべく人を殺さないようにしなきゃって毎回、思いながら出ているんです。誰かをたたくような風潮になっている時に一緒になってたたくのが果たして正義なのかと。私刑というか、自分たちに裁く権利があるのかなと思うんです。もちろん身近な人に対してもそうだし、芸能人に対してとか、これまでも痛ましい自殺とかも報道されてますけど、もしかしたら、自分の言葉が人を殺してしまうかも知れないという自覚を持ってほしいと書き込みをしている人にはと思います。厳罰化されたことで抑止になったらとも思います」

 さらに、こうも呼びかける。

 「自分の中にある怒りがどこから来ているんだろうと書き込んでいる人たちには考えてほしいというか、本当に自分の中から出て来た怒りなのかな?って疑ってみてほしい。真偽が不明の情報にあおられて流されてこみ上げた情報にあおられて流されてこみ上げた怒りじゃないかとか、自分の中の怒りの正体を観察してほしい」

 一方で「5時に夢中!」の生放送中に自身の過去の結婚歴について、コメンテーターで出演のマツコ・デラックスにイジられ、苦笑しながら見事に切り返す場面もあった。

 「信頼関係がありますから。すごく優しい方で番組を愛して盛り上げることに並々ならぬ心を砕いている人というのがよく分かっているので。人や番組に愛情がないと、あんなに人から求められるわけがないじゃないですか? 愛情の塊だと思うので」

 そう話した上で自身の出演時のスタンスについて、こう口にする。

 「嫌なら嫌だという意思表示もしていいと思う。すべてのイジリに対して乗ることが正解ではないと思うので。イジリに対して嫌だと思う人はそういう表情を見せていいと思う。イジリって紙一重。信頼関係や本人の性格にも寄ると思うので私が正解だとは思わない。考えているのは、自分の心も守りながら視聴者にいかに楽しんでいただくかってことだけなので」

 そこには「5時に夢中!」という東京ローカル番組ならではの自由さと、その裏にある戦いがある。

 「『5時に夢中!』には(出演者)全員、毒にも薬にもならないことは言いたくないという気概があるので。ユーモアを交えつつ、どこか社会に対して疑問を呈したいという気持ちもあると思うので、それがネット記事にならなかった時代と、なる時代では、出演者の皆さんの負担が違うと思うんです。私だけでなくて。本来、問題提起したかったのとは違う形でネット記事になって、その記事が一人歩きして、現場が畏縮すると私たちも面白いものが提供できなくなってしまうので、そこを報知さんともWINWINの関係でいたいんですよね」

 そう話した大橋アナはネット記事について、こう続けた。

 「番組全体の流れを、番組内のキャラクターも加味した上で(制限のある中で)ネット記事にするのは難しいですよね。名前を書いていないこたつ記事に関しては記名で記事を書かれるプライドを持っている記者はどう思っているのかな?って。せめて、こたつ記事も全部、記名にしたらどうですかって思います」

 ただ、今後も番組の問題提起型のスタンスは守り続ける。

 「問題提起もしつつ、生々しい人間模様も見てもらいたいですね。人間っていうのは愚かで未熟でかわいらしい存在であるっていう。もちろん、私自身も未熟ですし、弱さや愚かさや変な性癖など本来は隠したい部分を剥き出しにした人間たちを(番組を)見て感じていただけたら、ちょっと人に対して優しくなれたりするんじゃないかなと思います。

 フリーアナとして成功例にも見える自身の現状をどう見ているのか。そして、将来像とは―。

 「テレビ東京時代は自分の発言がアナウンス部や会社に迷惑をかけてしまうという恐怖感があったのですが、今は自分の責任で仕事を選んで良くも悪くも全部自分に返ってくる。それが楽しいし、やりがいを感じますね。(将来像は)決めると自分の可能性が狭まってしまうと思うので決めてないんです。ただ、フリーになる時もそうだったんですけど、テレビと自分との関係だけを考えて仕事をするのではなくて、社会と自分との関係を考えて今まで仕事をしてきたつもりです。テレビ露出ももちろん大事だと思うんですけど、今はプラットフォームも増えてますし、活動できる場所も多様化してますし、自分が社会にとって、どういう存在でありたいかを考えることが大切かなと思います。私の場合は脳梗塞の経験を社会に活かせればと思っているので、医療系の仕事、シンポジウムとかも積極的にやらせてもらってます」

 人事異動、結婚などを契機にキー局を辞め、フリーに転身する女性アナも続出している現状は、どう見ているのだろう。

 「私が何か言える立場じゃないですけど、今後、フリーになりたいと思っている局アナも社会と自分との関係とか、社会課題を自分の心の中のどこかに持っていたりするといいのかなと思います。アナウンサーの肩書きも多様化していて、アナウンサーをやりながら女優をされる方も全く違う方向に転職される方もいるけど、行き着くところは『社会人』だと思うので。他の人と自分を比べるのではなく、社会と自分との関係を意識すると、おのずと方向性が見えてきて私は楽でした。あと自分に嘘はつかないように。その2つを大事に活動しています」

 最後に番組でのコメントにも多く登場する10歳年下の夫、テレビ東京を退社したばかりのディレクター・上出(かみで)遼平さんについて聞いてみた。

 「とてもいい影響を与えてもらってます。自分が不安な時にすごく相談に乗ってもらっていて。仕事で社会問題に対して自分の意見を言う時に、いろいろな立場の人がいるっていうことを忘れがちになってないか、夫にすぐ相談しますね。夫は世界の人々を撮影したドキュメンタリー番組(ハイパーハードボイルドグルメリポート)を制作していたりするので、私とは違う視点から意見を言ってくれたりします。自分の視野が狭まっている時に勉強させてもらっていますね」

 穏やかな笑顔で、そう明かしてくれた。

 ◆大橋 未歩(おおはし・みほ)1978年8月15日、兵庫県神戸市生まれ。43歳。95年、16歳の時に阪神淡路大震災で被災。02年、上智大法学部在学中、ミスアナウンサーコンテストでグランプリ獲得。同大卒業後、テレビ東京に入社。スポーツ、バラエティー、情報番組中心に多くのレギュラー番組で活躍も13年、軽度の脳梗塞を発症し休職。約8か月の療養期間を経て、同年9月に復帰。17年12月、同局を退社。18年3月からフリーで活動開始。19年4月からTOKYO MX「5時に夢中!」にアシスタントMCとして出演中。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士取得。20年から厚生労働省循環器病対策推進協議会委員も務める。夫は10歳年下の元テレ東プロデューサー・上出遼平氏。趣味は山登り。

 ※「WEB報知」では、その発言、発信が常に世間の注目を集め、ネット上を賑わす「トリックスター」たちをPV(ページビュー)という「数字を持つ人」としてピックアップ。直接、会いに行き、その本音に迫る連載を今回からスタートさせます。

コメント欄に辛辣な言葉を書き込む人に対し、「言葉で人は殺せるよ。その自覚を持ってほしい」と話した大橋未歩アナ(カメラ・頓所 美代子)
生番組でのマツコ・デラックスのツッコミに対し、「信頼関係がありますから」と笑った大橋未歩アナ
すべての写真を見る 2枚

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×