【ヤクルト】村上宗隆が28号2ランで自身2度目の3戦連発 山田と今季6度目のアベック弾「押し込むことができた」

スポーツ報知
7回無死一塁、左中間に2ランを放った村上宗隆(カメラ・石田 順平)

◆JERAセ・リーグ 広島―ヤクルト(29日・マツダスタジアム)

 ヤクルトの村上宗隆内野手が、ダメ押しの28号2ランを放ち、自身2度目となる3試合連発をマークした。

 3―1の8回無死一塁。3番手・菊池保の131キロのカットボールを捉えて、左中間スタンドギリギリへ突き刺した。これで今季28本塁打、76打点とし、リーグトップを独走中の22歳は、「点を取られた後だったのでなんとか追加点がほしかった。しっかりと押し込むことができました」と淡々と振り返った。

 4回には3番・山田が15号の先制ソロをマーク。今季6度目、通算30度目となるアベック弾で頼もしい2人が打線をけん引した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×