神戸が今季2度目の監督交代に関して会見 永井SD「ビッグクラブであるがゆえ結果にフォーカスしなければ」

スポーツ報知
永井秀樹SD

 29日にロティーナ監督の解任を発表した神戸が同日、今季2度目の監督交代を行った経緯に関してオンライン会見を実施。千布勇気社長、徳山大樹副社長、永井秀樹スポーツダイレクター(SD)が出席した。

 就任から3か月足らずでロティーナ監督の契約を解除して点について、永井SDは「(招へいは)守備を再構築し、さらに元々の攻撃力を生かす狙いだった」と説明。「短い時間で構築して頂いたが、守備に重きを置きすぎる所も感じ、現場とは話し合ってきた。継続して改善をお願いする選択肢もあったが、1つも落とせない状況で最善の方法を探った」と明かした。

 永井SDは、クラブとして監督交代が繰り返されている点にも言及。「ビッグクラブであるがゆえ、結果にフォーカスしなければならないというところはすごく感じる。時間をかけて、構築しながら進めていければ理想だが、やはりクラブの大きさを考えるとより結果にフォーカスせざるを得ない」と胸の内を語った。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×