オスマン・サンコンの夫婦愛…第3夫人・北山みつきの“次”ある?「ギニアでは4人と結婚しても普通だよ」

スポーツ報知
オスマン・サンコンと第3夫人の北山みつき

■インタビューその2コン♪ ギニア大使館顧問でタレントのオスマン・サンコン(73)が日本での半世紀を振り返った。1972年に初来日してから50年の節目。青年大使館員としての奮闘から、2018年に結婚した第3夫人でグラビア演歌歌手の北山みつき(54)に至るまでを大いに語った。(取材・構成=田中 昌宏)

 ―今年で来日50年。

 「そう。僕、昭和47年(1972年)に日本に来たの。最初は全く日本語ゼロ。羽田空港に降りたら、人の声が鳥がしゃべっているように聞こえました。これは難しいなって。ギニアはフランスの旧植民地で、公用語はフランス語なんです。でも、ほかにも(各民族の現地語が)あるの。日本と同じで6歳で小学校。でも学校の門に入ったら現地語をしゃべっちゃいけない。学校を出るまでフランス語なの。僕は(母語が)スースー語で、隣の席の子と違うから、フランス語じゃないと通じない」

 ―当初は外交官としての来日でした。

 「当時(日本に)ギニア大使館がありませんでした。設立するために『大使と2人で行ってこい』って。僕が『行きたい』って言ったんじゃなくて、政府の命令だったの。羽田に(日本の)外務省のフランス語をしゃべれる人が迎えにきてくれたけど、まだ(在日)ギニア人は1人もいなかった」

 ―そこから日本語をマスターした。

 「大使館の仕事は4時半までだったんですよ。4時半で(当時の)六本木の大使館を閉めてから、六本木の街には行かないで、お茶の水の『アテネ・フランセ』(語学専門学校)に通ってました。でも漢字とかひらがなとか読みにくいよねえ。大使館(の勤務)って2~3年なの。その後は(別の赴任国に)転勤するか、あるいはギニアに戻るかなんですね。でも漢字覚えるの、2年以上かかるじゃんって。だから(書くのは)もうローマ字でいいやってね」

 ―そういえばサンコンさん、クイズ番組ではフリップにローマ字で回答を書いてましたね。

 「そうそう、書くことあきらめたから。えっへっへ。で、クラスが終わったら、ちっちゃい喫茶店で先生や日本人達と1時間会話するの。下手な日本語で。それでだんだんうまくなってね。日本語をしゃべった最初のギニア人になったと思うよ」

 ―苦手な日本語もありましたか。

 「六本木から外務省に行くと迷子になるんです。人に道を聞くの大変だったよ。すみません、か、か、か、かしむが…、か、か、かすみんが…」

 ―霞が関!

 「ものすごく苦労した。それで『日本語ちゃんと覚えないといけないな』ってなりました。考えたら今のギニア大使館の人、あんまり日本語分からないよ。大使館に日本人(職員)がいるから、覚えようとしない」

 ―結局サンコンさんは最初、日本に何年いたんですか。

 「ラッキーなことに8年くらいいたの。そんなに長いの初めてなんだって。それで(次の赴任地の米国)ワシントンDCに行って、そこからギニアに戻って。それで休職を取ったんですよ。僕いまだに休職中なんです。いまだに籍が(ギニアの)外務省にあるの」

 ―実は現役の外交官。

 「そう。それで(帰国してすぐに)ギニアの外務省の中で結婚式挙げたの。最初の日本人の奥さん(故人)と。息子(DJヨンコンこと佐伯勇さん)もいるんです。もう38歳」

 ―2018年には北山みつきさんと結婚されました。

 「今の奥さんが3人目(他にギニア人が2人)。何でかと言うと、オヤジに負けたくないんで。えっへっへ。オヤジは奥さん5人だったんだよ。1人亡くなって4人が残ったね。僕は22人きょうだいの12番目。ギニアでは4人と結婚しても普通なんだよ。イスラム教なんで。日本だったらえらいことになるんだけどね」

 ―やきもちを焼かれることはないですか。

 「やきもち焼きするよ。でももう慣れちゃった。それも面白いし、楽しいよ。ぜんぜん構わないですね。でもね(北山さんと)結婚する前、ちゃんと言ったからね。ギニアのルール、生まれ故郷のルール、イスラム教のルール。それを理解してもらった上だから。だからギニア人(の妻)たちも文句を言わない」

 ―お父さんに勝つためには、もう1~2人と結婚しなければいけない。

 「いや~、もう限界が来ました。腰が痛いの。あっはっは! 今コルセット着けてるのよ。だからオヤジに負けた。僕には5人しか子供がいないしね。日本に2人、ギニアに3人。だからオヤジにはかなわない。ギニアにはね、甥っ子や姪っ子や兄貴の孫なんか合わせて(ファミリーが)72人いるよ」

(インタビューその3コン「オスマン・サンコンのTV愛」につづく)

 ◆オスマン・サンコン(Ousmane Youla Sankhon)1949年3月11日、フランス領ギニア(現ギニア共和国)ボケ州ボッファ生まれ。73歳。コナクリ大、仏ソルボンヌ大を経て72年ギニア外務省入省。同年開設の駐日ギニア大使館員として初来日。米国赴任を経て84年に外務省を休職して再来日。フジテレビ系「笑っていいとも!」出演をきっかけにタレントとして活躍。2017年に旭日双光章授章。18年に第3夫人としてグラビア演歌歌手の北山みつき(54)と結婚。20年に日本ギニア友好協会を設立。ギニアに「サンコン小学校」を設立するなどボランティア活動を行っている。現職はギニア大使館顧問。身長162センチ。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×