【DeNA】三浦大輔監督「隙を見せている」2失策で交代の楠本泰史に苦言

スポーツ報知
7回の攻撃を終え、投手交代を告げる三浦大輔監督(カメラ・渡辺 了文)

◆JERAセ・リーグ DeNA6―2阪神(28日・横浜)

 DeNAの三浦大輔監督は連敗を3で止めたが、ミスに試合後は険しい表情を崩さなかった。

 「2番・右翼」でスタメン出場した楠本が、初回無死二塁の守備で、島田の右前打をファンブルし先取点を献上。3回2死一塁では、近本の右前打を再びファンブル。一塁走者の三進を許した。

 すると、0―2の3回2死二、三塁。楠本の第2打席で指揮官は代打・桑原を告げた。桑原が西勇から中越え二塁打を放ち同点とすると、流れは変わり5回のソトのソロで勝ち越した。

 三浦監督は「エラーを2つもして流れ的にもよくなかった。初回からあういうミスを続けてやっているようでは…。他に試合出たい選手いっぱいいる。あそこで迷いはなかった」と交代の理由を説明。

 さらに「隙を見せていると思う。隙を見せたら相手にもやられる。ああいう隙を見せた自分をどう感じるかですね」。普段は報道陣の前で選手を叱責しない指揮官が珍しく、猛省を促していた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×