【女子野球】吉田えり、連覇に向け「熱い大会に」…クラブ選手権8月に開催

スポーツ報知
成田市のマスコットキャラクター「うなりくん」と大会をPRした、吉田えり(カメラ・軍司 敦史)

 女子硬式野球のクラブ日本一を決める「第17回全日本女子硬式クラブ野球選手権大会」(8月26日開幕)の開催記者会見が28日、千葉県成田市で行われ、昨年優勝のエイジェック(栃木)に所属する吉田えりが意気込みを語った。

 過去最多の35チームが参加する今年は、これまでの10月から繰り上がり、開催地も同県袖ケ浦市や市原市、鴨川市などから成田市の大谷津運動公園野球場、佐倉市の長嶋茂雄記念岩名球場などに移して行われる。

 吉田が所属するエイジェックは昨年、同大会と全日本選手権、リーグ戦「ヴィーナスリーグ」の3冠を達成しており、連覇がかかる。「対戦したことのないチームも多く、どこも打倒エイジェックで来ると思います。油断しないよう、私たちも一生懸命プレーして熱い大会にしたいです」と語り、成田山新勝寺の参道に並ぶうなぎ店や佐倉市のスイーツで英気を養い、真夏の大会を乗り越えられればと語った。

 4日間の大会期間中は、小学校低学年までを対象にした野球教室が行われるほか、球場周辺にはキッチンカーやグッズショップが出店する。イベント会場のようにしたいと明かした全日本野球連盟・山田博子代表理事は、女子高校野球が甲子園や東京ドームで決勝をやるようになって盛り上がる中、クラブチームの発展こそ高校生たちの目標になる必要があると述べて、「お姉さんが輝いている姿が見せられるのは大きい。この大会を根付かせたい」と語った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×