なでしこジャパン、フィンランドに5―1で大勝 DF熊谷紗希「次につながるチャレンジが出来た」

スポーツ報知
フィンランド戦に先発出場したDF熊谷紗希(提供・JFA)

 FIFAランク13位のなでしこジャパンは日本時間の28日、同29位のフィンランドと対戦し、5―1で勝利した。前半13分に相手のオウンゴールで先制。すぐに1点を返されたが、後半に4点を挙げて大勝した。

 池田太監督は「前半に課題のあった距離感を修正して後半に臨むことができた。後半は勢いを持って、上手くゲームコントロールして結果につなげられた」と振り返った。25日のセルビア戦(5〇0)と合わせて欧州遠征を2勝、計10得点。主将のDF熊谷紗希は「結果、勝ち切れたことは良かったし、相手がどうこうでなく自分たちが次に向かう、次につながるチャレンジができたと思う」と総括。指揮官は、「距離感や攻撃のイメージ、形のイメージは課題が出ては積み上げている。伝えようとしていることは浸透してきているし、積み上がってきている。リスクを冒しても、今はその成果にフォーカスしている」と話した。

 この後、チームは7月に国内組のみで臨む予定の東アジアE―1選手権(19日・韓国戦、23日・台湾戦、26日・中国戦)を控えている。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×