松山あおい「二推しでいいから応援して」監督・原案・主題歌・声優担当するアニメ制作に奮闘中

「中川翔子さんと田村ゆかりさんが憧れです」と語る松山あおい
「中川翔子さんと田村ゆかりさんが憧れです」と語る松山あおい

 「アニソンシンガーになかなかなれなかったので、自分でテレビアニメを作りました」

 タレントの松山あおい(28)が、監督・原案・キャラクターデザイン・主題歌・声優を務めるオリジナルアニメ「限界アニメ松山あおい物語」第4期(全12話)の準備に奮闘している。

 クラウドファンディングを使って制作資金を集め、19年10月にテレビ埼玉で「限界アニメ松山あおい物語」第1期を放送した。3年連続で目標金額をクリアし、20年、21年と同アニメの第2期、第3期を放送。現在、第4期の放送を実現するため、400万円を目標にクラファンを実施中だ。松山は「絵がうまいか分からないけど、作品の世界観はすごいねと言われます(笑い)。1人でも多くの方に協力していただけるように頑張ります」と話した。

 「25歳までにアニソンを歌いたい」アニソン歌手を目指し、高校卒業後の12年から活動開始。「5年以上活動しても、なれる気配がなかった…。製作委員会に入って高額なお金を用意するのは難しい。だったら、自分で作ってみようと思いました」。つてを頼ってテレ玉の担当者に営業をかけ、5分枠を購入。主題歌「おねえさん動物園」を歌い、アニソン歌手の夢をかなえた。

 作詞・作曲だけでなく、服飾デザイン科の高校に通った経験を生かして衣装やグッズ制作に至るまで、やることは多岐に渡る。キャッチコピーは「クリエイティブうたのおねえさん」。初めの頃は「気やすく『うたのおねえさん』を名乗るんじゃないと反感を買った」が、その誤解も解消された。「年齢的な意味で『おねえさん』と使っていたんですが、NHKの番組の方をイメージされたみたいで…。言い続けたら浸透したみたいで、最近は別物と分かってもらえたみたいです」

 8月7日に日本最大級のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL」初出演が決定。「せっかく出るなら多くの方に(歌声を)聴いてほしい。二推しでいいから応援してくれたら」と控えめに話した。

 ◆松山 あおい(まつやま・あおい)1993年10月10日、埼玉県出身。28歳。2012年活動開始。17年ポップンミュージック「願いのカケラ」でゲームソング歌手としてデビュー。キャッチコピーは「クリエイティブうたのおねえさん」。156センチ。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請