二宮和也、24時間テレビは「できる限り緩くやりたい」制作発表で山田涼介&菊池風磨と息ピッタリ

会見を行った(左から)水卜麻美アナ、羽鳥慎一アナ、山田涼介、二宮和也、欠席した中丸雄一のパネル、菊池風磨、兼近大樹、徳光和夫アナ(カメラ・小泉 洋樹)
会見を行った(左から)水卜麻美アナ、羽鳥慎一アナ、山田涼介、二宮和也、欠席した中丸雄一のパネル、菊池風磨、兼近大樹、徳光和夫アナ(カメラ・小泉 洋樹)

 嵐・二宮和也(39)、Hey!Say!JUMP・山田涼介(29)、Sexy Zone・菊池風磨(27)が27日、東京・汐留の日本テレビでメインパーソナリティーを務める同局系チャリティー番組「24時間テレビ45 愛は地球を救う」(8月27、28日)の制作発表会見を行った。KAT―TUNの中丸雄一(38)は体調不良のため欠席した。

 YouTubeチャンネル「ジャにのちゃんねる」のユニットとして活動しているメンバー“らしさ”全開の会見だった。中丸のパネルを抱えた二宮は「格式の高い番組で、我々の活動とは全く真逆のマインド。良くも悪くもかもしれませんが、何も考えずにゆったりと時間を過ごしたい」と宣言すると、山田は「まさか1年目のYouTuberができるわけないと疑心暗鬼だった」。菊池も「中丸くんも緊張してこんな痩せちゃって」と“パネル姿”の先輩にツッコミを入れた。

 同チャンネルは、昨年4月に開設。グループの垣根を越えた動画が人気だが、一貫しているのは「ゆるさ」。私服にノーメイクで自由な掛け合いをする4人の空気感が視聴者を引きつけ、わずか1年でチャンネル登録者数333万人に達した。

 この日の会見でも、二宮が中丸のパネルに向かって「同い年だよね」と言うと、山田と菊池が「ムリ。今日しゃべれないから」と突っ込むなど息の合ったやり取りを披露した。

 今年の24時間は、3年ぶりに有観客で開催される。6度目の大役を担う二宮は「生放送と整合性が合わないかもしれないですけど、できる限り緩くやりたい」。背筋を正すことなく、チャームポイントである猫背のまま発する言葉にこそ本気が宿る。(田中 雄己)

 ◆EXIT兼近大樹「一生懸命走る」

 チャリティーランナーを務めるお笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹(31)は「こういう見た目のやつが一生懸命走っているのを見て、少しでも世の中が明るくなれば」と宣言。登壇前には出演者に「1日20キロくらい」と練習量を明かしていたが、壇上では「実は週2回で10キロくらい。とっさに盛ってしまって」と白状していた。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請