【次回注目馬】並びが悪かったプレミアムベリー 水口優也騎手「チャンスは近い」

スポーツ報知
水口優也騎手

◆プレミアムベリー(6月25日、阪神2R・3歳未勝利、牝馬限定、ダート1200メートル=3着)

 7番枠からのスタート。押して押して行けず、両サイドの馬に前に出られて「へこむ」(水口騎手)形に。馬群で3角から鞍上の手が動いていたが、しぶとく脚を伸ばして3着争いを制した。水口騎手は「ハナに行こうと思っていましたが、暁(富田騎手)の馬(6番)が明らかに出て、優作(国分優騎手。8番)も1番人気で行く気になって、あの形になるとなかなか馬って入って行けませんからね。前回もそうでしたが、それでも追って頑張ってくれました。左右の回りはどちらでも大丈夫です」と、枠順の並びをポイントに挙げた。

 次走は、ギリギリ優先出走権を行使できる、札幌1週目のダート1000メートルを予定。「一本調子なところがあるので、平坦コースは絶対いいです。次はブリンカーを着けるプランもあるので、道中ハミをかんでくれたら。チャンスは近いと思います」と力を込めた。
(玉木 宏征)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×