先場所優勝の照ノ富士が会見 “名古屋初V”に意欲「応援していて良かったなという思いにさせたい」

スポーツ報知
オンラインで会見した照ノ富士(日本相撲協会提供)

 日本相撲協会は27日、大相撲名古屋場所(7月10日初日・ドルフィンズアリーナ)の新番付を発表した。休場明けながら先場所で7回目の優勝を飾った横綱・照ノ富士(伊勢ケ浜)がオンラインで会見した。先場所後からここまでの状況については「いつもと変わらないトレーニングから、土俵での稽古、四股、すり足はいつも通りやっていました」と明かした。

 今月は約2年ぶりに出稽古解禁期間があったが、照ノ富士は他の部屋には出なかった。伊勢ケ浜部屋は関取衆が多くいることもあるが、両膝の古傷などを抱えるだけに、けがをする前より番数をこなすことはできなくなった。「自分の場合は昔、大関に上がる頃は稽古の番数をやっていましたけど、落ちてから回数をこなせる体ではなくなった。一日に10~15番しか相撲を取ってないわけですから、自分の場合は変わることがあまりないですね。逆にそういう稽古相手いないから、というのはいいわけにしか聞こえないです」と説明した。

 加えて「出稽古したからって強くなるんですかね? 自分は逆に、自分との闘いだと思っているので、人それぞれ違うやり方で強くなってますから、強くなる人もいるだろうし、自分はどっちかというとそういうスタイルじゃないと思いますので」と持論を述べた。ただそれでも相撲界全体にとって出稽古が解禁になったことには「そこはいいことじゃないですかね。稽古ができる環境をやっぱり作ってくれてますし。他の若い子たちはそういう番数を取って、いろんな人と相撲取ってみて、体で感じることがあると思うので、環境が徐々に戻っていることはいいことじゃないですかね」と歓迎した。

 ここまで7回の優勝を誇る横綱。再入幕した2020年7月場所で優勝した経験はあるが、新型コロナウイルスの影響で当時は東京開催だった。昨年は名古屋開催も、千秋楽で白鵬との全勝対決に敗れ、賜杯には惜しくも届かなかった。「名古屋での優勝はないですから。今までどんなときでも支えてくれていた名古屋の後援者の方たちもいますし、ファンの方もいますから、優勝して、ずっと応援していて良かったなという思いにさせたいなとは思ってます。去年できませんでしたし、今年こそはという気持ちはありますね」と気合を入れた。

 また今場所は人数制限なしで開催される。「お客さんが制限無しというのは、ライブでもボクシング、RIZIN、サッカー、いろんなとこの試合でも、周りのお客さんたちが盛り上がることによって、こっちも楽しかったなという思いを感じて帰りますから。そういった意味で、徐々によくなっているのはうれしいことじゃないですかね。見に来たお客さんが今日は楽しかったという思いのまま帰るのが大前提のことなので」と最高位の自覚たっぷりに話していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×