青戸慎司氏 急成長の坂井隆一郎、ピッチの速さを生かし加速がスムーズ 9秒台へ回転を保てるかが鍵

スポーツ報知
布勢スプリントで世陸代表を決めた坂井隆一郎

◆陸上 布勢スプリント 最終日(26日、鳥取・ヤマタスポーツパーク)

 男子100メートル予選で、今年の日本選手権2位・坂井隆一郎(24)=大阪ガス=が10秒02(追い風1・1メートル)をマーク。オレゴン世界陸上(7月15日開幕、米国)の参加標準記録(10秒05)を突破し、サニブラウン・ハキーム(23)=タンブルウィードTC=に続く2人目の同代表に初めて内定した。世陸への調整のため坂井が棄権した決勝では、デーデー・ブルーノ(22)=セイコー=が10秒20(追い風0・1メートル)で優勝した。

 * * *

 新世代が出てきて一安心だ。坂井君の急成長は、24年パリ五輪に向けても明るい材料になる。持ち味のピッチの速さを生かした加速がスムーズで、流れるような走り。車に例えると、ギアを上げていく変速の部分がとてもなめらかだ。一気に迫った9秒台も、条件次第で可能性はある。ピッチ型の選手は、後半に回転数が落ちると減速幅が大きいので、いかに回転を保てるかが壁を破る鍵になるだろう。

 今後は向かい風でも、疲労があっても、どんな状況でも10秒0台を出す“底力”をつけてほしい。世界陸上のように、レベルが高い国際大会でイメージする動きが出せるかも大事だ。走りの再現性も高い選手なので、今季戦列を離れる山縣君、桐生君ら実績のある世代を脅かすような好記録をどんどん出して、日本チームに刺激を与えてほしい。(男子100メートル元日本記録保持者、中京大副部長・青戸慎司)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×