早見優、26年ぶり主演ミュージカルで“肝っ玉母ちゃん”演じる「熱い家族の物語を届けたい」

26年ぶりに「mother」でミュージカル主演を務める早見優
26年ぶりに「mother」でミュージカル主演を務める早見優

 女優の早見優が、7月に上演される主演ミュージカル「mother」(13~17日、東京・中野のザ・ポケット)に向けて意気込みを語った。

 早見がミュージカル作品に主演するのは、1996年の「私のあしながおじさん」以来。デビュー40周年の節目に大役が決まり「26年ぶりに主役をつとめますが、心に残る作品になりますよう魂込めます!」と開幕を待ち構えている。

 本作は、劇団「三ツ星キッチン」による新作。20年前に夫に先立たれ、“肝っ玉母ちゃん”として3人の娘を育てる草笛多香子役を演じる。シングルマザー役初挑戦となるが「私自身がシングルマザーに育てられ、現在娘2人の母として(生活しているので)、今回の役と重なる部分が多い」と明かし、「家族愛、人間愛が薄くなっている世の中だからこそ、熱い家族の物語を皆さんに届けたいです」と力を込めた。

 共演は、高田安男、咲山類、大胡愛恵ら。上條恒氏が脚本・演出を担当する。

  • 早見優が26年ぶりに主演するミュージカル「mother」のポスタービジュアル

    早見優が26年ぶりに主演するミュージカル「mother」のポスタービジュアル

26年ぶりに「mother」でミュージカル主演を務める早見優
早見優が26年ぶりに主演するミュージカル「mother」のポスタービジュアル
すべての写真を見る 2枚

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請