坂井隆一郎、朝原宣治氏に並ぶ日本歴代7位の10秒02「追い風参考にならないでくれと思っていた」

スポーツ報知
布勢スプリントで世陸代表を決めた坂井隆一郎

 ◆陸上 布勢スプリント 最終日(26日、鳥取・ヤマタスポーツパーク)

 男子100メートル予選で、今季日本選手権2位の坂井隆一郎(大阪ガス)が10秒02(追い風1・1メートル)をマーク。オレゴン世界陸上(7月15日開幕、米国)の参加標準記録(10秒05)を突破し、代表内定となった。「予選から10秒05を突破しようという気持ち。公認で切れて良かったなと思う。あとは風が追い風参考にならないでくれ、と思っていた。公認になってくれてよかった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 今季日本勢最速となる10秒02は、日本歴代7位の好記録。朝原宣治氏に並んだ。今会場は、昨年大会で山縣亮太(セイコー)が9秒95の日本新記録を樹立。好タイムが期待されていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×