【ヤクルト】16―6大勝の翌日に5―19で大敗 高津監督「反省の多いゲームだった」

スポーツ報知
8回の攻撃を終え、選手交代を告げる高津臣吾監督(カメラ・関口 俊明)

◆JERAセ・リーグ ヤクルト5―19巨人(25日・神宮)

 ヤクルトは投手陣が19被安打で今季ワースト19失点して大敗を喫した。

 先発サイスニードは初回に味方の守備のミスも絡んで4失点して5回7失点。2番手坂本は2回8失点。3番手木沢は2回4失点だった。

 打線は村上が3試合連続打点となる適時打、青木が2ラン。9回にはオスナがソロを放った。

 前日24日はナイターで16―6で大勝。翌日のこの日はデーゲームで5―19の大敗となった。高津監督は「立ち上がりのところはバッテリーだけじゃなくて色々反省するところはあると思いました。ゲームトータルしても反省の多いゲームだったんじゃないですかね」と振り返り、「今日の反省をまずしたい。考えることがたくさんあるので。まず今日のおさらいをしっかりして明日に臨まないといけないですね」と話した。

 セ・リーグ首位を独走していて、これが月間4敗目で6月は15勝4敗。貯金23で、2位巨人とのゲーム差は10となった。26日の巨人戦で12カード連続勝ち越しに挑む。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×