【DeNA】浜口遥大が先制直後に5失点またしても逆転許す 3四死球押し出し&タイムリー3本浴びる

スポーツ報知
3回2死満塁、中村健人に2点適時打を許した先発の浜口遥大(カメラ・頓所 美代子)

◆JERAセ・リーグ DeNA―広島(25日・横浜スタジアム)

 DeNA・浜口遥大投手が3回に3四死球とタイムリー3本で5失点。チームの先制直後にいきなり逆転を許した。

 2回裏に大和のタイムリーなどで2点を先制してもらったが、直後の3回に左腕がつかまった。2死二塁から菊池涼に左翼線適時二塁打を浴びると、2者連続四球で満塁。上本には押し出し死球を与えて同点に追いつかれた。さらに中村健、羽月に連続適時打を浴びてこの回5点を失った。

 浜口は前回登板の18日阪神戦(甲子園)でも初回チームが先制した直後に逆転を許していた。「点を取ってもらった直後を気をつけたい」と話していたが、2試合連続で逆転を許してしまった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×