【ソフトバンク】村上隆行打撃コーチが新型コロナ陽性 濃厚接触疑いの本多雄一内野守備走塁コーチも自主隔離

スポーツ報知

◆パ・リーグ ソフトバンク―日本ハム(25日・ペイペイD)

 ソフトバンクは村上隆行打撃コーチが新型コロナウイルス陽性判定を受けたと発表した。

 24日の練習前に咽頭違和感、練習後に38・3度の発熱があり、試合前に帰宅、自宅静養。25日にPCR検査で陽性が判明した。

 村上コーチと濃厚接触の疑いがある本多内野守備走塁コーチを自主隔離し、吉本2軍打撃コーチと松山2軍内野守備走塁コーチを1軍ベンチ入り登録。この日からの試合については上記以外の選手、スタッフに体調不良者はいないことを確認できており、予定通り実施する。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×