【巨人】菅野智之が5回7失点で5敗目 阿部コーチ「次は自分がお手本となるようなピッチングをしてもらえたら」

スポーツ報知
6回、ベンチから試合を見つめる菅野智之(カメラ・中島 傑)

◆JERAセ・リーグ ヤクルト16―6巨人(24日・神宮)

 巨人の菅野智之投手が先発し、5回9安打7失点で5敗目を喫した。

 初回に中村に3ランを浴びるなど4安打で4失点を許すと、3回にも無死二塁から山田に適時打、さらに中村に2打席連続本塁打となる2ランを被弾して3点を失い、序盤に7点を失った。

 阿部コーチは試合後、「ボールになるストレートはいいボールだと思うけど。それをゾーン内に持って来て欲しい。次回登板は完封してもらいたいですよ。中継ぎ陣の負担を減らすためにも、自分がお手本となるようなピッチングをしてもらえたらなと思います」と話した。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請