【巨人】高木京介が唯一の無失点投球も…投手陣は今季ワースト16失点

スポーツ報知
7回途中から4番手でマウンドに上がった高木京介(カメラ・中島 傑)

◆JERAセ・リーグ ヤクルト16―6巨人(24日・神宮)

 巨人の高木京介投手が24日、ヤクルト戦に7回途中から4番手で登板し、走者を背負いながらも、無失点に抑えた。

 4番・村上に2ランを放たれるなど4点を失った、3―15の7回1死走者なしから4番手で登板。5番・丸山に右前安打を放たれるも、6番・中村を内角低めの145キロ直球で中飛。7番・荒木を外角低めの128キロチェンジアップで中飛に打ち取った。

 投手陣は高木以外失点を重ね、今季ワーストの16失点となった。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×