日本男子が中国に敗れ決勝トーナメント進出ならず…3人制バスケットボールW杯

スポーツ報知
バスケットボール

◇3人制バスケットボールW杯(24日、ベルギー・アントワープ)

 日本男子は予選Cプール第3戦で、同じく2連敗中だった中国に18-21とノックアウトで敗れ、予選敗退が決まった。

 ともに負ければ予選敗退という崖っぷち同士の戦い。アジアとのライバルの一戦は、ファウルトラブルに見舞われ、フリースローも外すなど苦しい時間が続いた。勝敗は最後までどちらに転ぶか分からない展開で、日本は藤高宗一郎、落合知也が連続で2ポイントシュートを決め一時逆転に成功したが、すぐに中国に勝ち越しを許した。初代表で22歳の佐土原遼がフィジカルの強さを生かして得点を重ね、追い上げを見せた。しかし勝負所でミスが響き、接戦を落とした。

 最終戦ではプールCで3連勝の世界ランキング6位のオランダと対戦。7月のアジア杯へつながる戦いにするためにも全力を尽くす。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×