朝乃山は西三段目22枚目で復帰 下の名前も「英樹」から「広暉」に変えて再出発…名古屋場所番付発表

スポーツ報知
朝乃山

 日本相撲協会は27日、大相撲名古屋場所(7月10日初日・ドルフィンズアリーナ)の新番付を発表した。相撲協会の新型コロナウイルス感染対策ガイドラインに違反による6場所出場停止処分から明ける元大関・朝乃山(高砂)は西三段目22枚目となった。

 しこ名の下の名前も改名した。今までは「朝乃山 英樹」。富山商高時代の恩師、故・浦山英樹監督が由来で、2017年春場所の新十両の時から名乗っていたが、今場所から「朝乃山 広暉(ひろき)」に改名した。本名の石橋広暉と同じものに変更し、名古屋の土俵で再出発を切ることになる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×