【阪神】梅野隆太郎、追いつかれた直後の執念! 2死満塁で勝ち越しの2点適時打

スポーツ報知
8回2死満塁、左前に勝ち越し2点適時打を放つ代打・梅野隆太郎(カメラ・石田 順平)

◆JERAセ・リーグ 阪神―中日(24日・甲子園)

 阪神の梅野隆太郎捕手が勝ち越しの2点適時打を放った。

 同点に追い付かれた8回。先頭の佐藤輝が3番手・清水から左前打を放ち、今季5度目の猛打賞をマーク。続く大山も中前にはじき返し、無死一、二塁。糸原が送りバントを決め、1死二、三塁と好機を拡大した。代打・糸井は申告敬遠で満塁。続く代打・高山が空振り三振に倒れたが、2死満塁で代打・梅野が左前へ2点適時打を放ち、勝ち越しに成功した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×