【中日】三ツ俣大樹が起死回生のタイムリーも… 糸原の失策につけ込めず同点止まり

スポーツ報知
8回1死二、三塁、代打・三ツ俣大樹の同点適時打を許し険しい表情を見せる青柳晃洋(カメラ・石田 順平)

◆JERAセ・リーグ 阪神―中日(24日・甲子園)

 中日が土壇場で同点に追いついたが、相手のミスにつけ込めず、同点止まりに終わった。

 8回に先頭・岡林、石岡の連続ヒットと木下の犠打で1死二、三塁のチャンスを作った。ここで代打・三ツ俣が青柳から中前タイムリー。捕手・坂本が中堅・近本のバックホームの捕球にもたつく間に、二塁走者の石岡も同点ホームを踏んだ。

 だが、なおも1死二塁で溝脇は湯浅の前に痛烈な打球も投ゴロ。二塁走者の代走・加藤翔が飛び出し、憤死した。さらに高橋周の三ゴロを糸原がはじいた上に悪送球。相手のミスで一、三塁のチャンスとなったが、京田が左飛に倒れた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×