【ヤクルト】村上宗隆が止まらない 2打席連発、2戦連続マルチ本塁打 チームは今季最多15点目

スポーツ報知
7回1死二塁、村上宗隆が2打席連発となる25号2ランを放つ(投手は戸田懐生=カメラ・小林 泰斗)

◆JERAセ・リーグ ヤクルト―巨人(24日・神宮)

 ヤクルトの村上宗隆内野手(22)が24日、巨人戦(神宮)に「4番・三塁」でスタメン出場。2020年の開幕戦から332試合連続「4番」で出場となり、ラミレスの331試合を超え、球団の連続4番出場新記録達成となった。

 初回1死一、三塁から二ゴロ併殺崩れの間に先制点の打点を挙げると、8―2の6回2死一塁、桜井の初球直球を完璧にとらえ、超高速のライナーで右翼席に運ぶ驚がくの24号2ランを放った。

 さらに続く7回の打席では戸田から左翼へ2打席連続2ラン。23日の中日戦(バンテリン)で満塁弾を含む2発6打点を放った主砲が、2試合連続マルチ本塁打。この時点でチームは今季最多15得点目と巨人と力の差を見せつけた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×