【ロッテ】新外国人右腕・オスナが初登板で1回無失点 リリーフカー使わず走って登場

8回から4番手で初登板したオスナ(カメラ・佐々木 清勝)
8回から4番手で初登板したオスナ(カメラ・佐々木 清勝)

◆パ・リーグ ロッテ―オリックス(24日・ZOZOマリン)

 ロッテの新外国人右腕・ロベルト・オスナ投手が来日初登板。3点ビハインドの8回から4番手で登板し1イニングを1安打無失点で抑えた。

 8回、オリックスの攻撃前にオスナがコールされると球場は大歓声に包まれた。だがリリーフカーに乗って登場と思いきや、オスナは右翼方向のブルペンから走って登場。異例の登場方法に球場からは拍手が送られた。

 先頭の安達には中前安打を許したが続く佐野皓は空振り三振。続く伏見には四球で1死一、二塁のピンチを背負ったが後続を断ち切り1イニングを無失点で抑え、1軍初登板を終えた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請