【阪神】青柳晃洋、8回にまさかの同点打浴び降板 近本光司の素早いバックホームもタッチ間に合わず

スポーツ報知
8回1死二、三塁、代打・三ツ俣大樹の同点適時打を許し険しい表情を見せる青柳晃洋(カメラ・石田 順平)

◆JERAセ・リーグ 阪神―中日(24日・甲子園)

 阪神の青柳晃洋投手が8回に同点に追いつかれ、降板した。

 2点リードの8回。先頭の岡林、石岡に連続安打を許すと、4番・木下拓の送りバントで1死二、三塁。代打・三ツ俣に初球を中前にはじき返された。中堅・近本が捕球後すぐにバックホーム。しかし、タッチが間に合わず2人目の走者も生還し、同点となった。右腕は8回途中、9安打、8奪三振、4失点で、最後まで粘り切れなかった。

 1死二塁からは湯浅がマウンドに上がり、無失点で切り抜けた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×