【DeNA】先発の今永昇太が2敗目 ノーノー後は2試合連続5失点以上と奮わず 大瀬良に完封負け

スポーツ報知
5回、厳しい表情でベンチに戻る先発の今永昇太。結局5回5失点で降板した (カメラ・頓所美代子)

◆JERAセ・リーグ DeNA0―7広島(24日・横浜スタジアム)

 DeNA・今永昇太投手が5回5失点で今季2敗目を喫した。

 初回2死走者なしから、菊池涼、マクブルームに連打を浴びると、坂倉にセンターフェンス上部直撃の2点適時二塁打を放たれて2点を失った。3回には菊池涼に3号2ラン、4回には中村健に2号ソロを浴びて計5失点。5回裏に打席が回ってきたところで代打を送られて降板した。

 今永は6月7日に日本ハム相手にノーヒットノーランを達成後、17日の阪神戦(甲子園)は6回6失点で今季初黒星を喫していた。この日も奮わず2試合連続で5失点以上を喫して降板。

「調子自体は悪くなかったですが、今まで抑えられていたボールがはじき返されてしまいました。また、インサイドの強いボールを打ち返されたことが苦しい展開になった要因です」と反省した。

 2番手の入江、3番手の三上も追加点を奪われて突き放された。

 打線は広島先発・大瀬良の前に沈黙して得点を奪えなかった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×