【ソフトバンク】甲斐拓也、25打席ぶり安打は中前適時打 23日に王貞治球団会長の直接指導受ける

スポーツ報知
6回1死三塁、甲斐拓也が中前適時打を放つ(カメラ・岩崎 龍一)

◆パ・リーグ ソフトバンク―日本ハム(24日・ペイペイD)

 ソフトバンク・甲斐拓也捕手が、25打席ぶりの安打を放った。

 3点リードの6回1死三塁。フルカウントから2球連続ファウルで粘ると、上沢の8球目、127キロナックルカーブにバットを短く持って食らい付いた。打球は中前に落ちるタイムリー。一塁上で少しホッとした表情を浮かべた。

 「走者をかえそうという気持ちだけでした。追加点を取ることができて良かったです。とにかくチームが勝てるように頑張っていくだけです」

 23日はピックアップ練習に参加し、若手とともに汗を流した。王球団会長兼特別チームアドバイザーからは「お前はもっとやれるんだから」と声を掛けられ、打撃の直接指導を受けていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×