【中日】大野雄大が6回7安打4失点で降板 青柳晃洋とのエース対決で投げ勝てず

スポーツ報知
中日先発・大野雄大(カメラ・渡辺 了文)

◆JERAセ・リーグ 阪神―中日(24日・甲子園)

 中日・大野雄大投手が6回を7安打4失点で降板し、青柳晃洋投手と今季2度目となったエース対決で投げ勝つことができなかった。

 初回は3者凡退で料理したが、2回に佐藤輝、糸原のヒットで1死一、二塁とされた。山本を二ゴロに仕留めた後、坂本には四球。満塁となったところで、青柳に自らのグラブをかすめる中前への2点適時打を許した。

 3回に味方の援護で試合を振り出しに戻してもらったが、6回1死から近本、佐藤輝に連続長短打を浴び、二、三塁。大山を3ボールから申告敬遠で歩かせると、続く糸原に左前への2点タイムリーを浴びた。

 阪神戦は延長10回2死まで完全投球を見せた5月6日以来で、投げ合う相手も同じ青柳だった。7回の攻撃で代打を送られ、93球で先にマウンドを降りた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×